車売却について

車売却時に保険の中断証明書は発行するべき?手続き方法は?

車 売却 任意保険 中断証明書

  • 車を売却するときに任意保険の中断証明書は発行したほうがいいのか?
  • 車を売却するとき保険の中断証明書を発行する手続き方法とは?
  • 任意保険の中断証明書の発行するために必要な書類とは?
  • 車を売却したときに保険の中断証明書が発行できる条件とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車売却時の中断証明書について詳しく説明していきます。

1.車売却時に必要な任意保険の手続きは車両変更

車を乗り換えるという場合、任意保険を解約したり中断したりする必要はありません。

任意保険の名義は変えずに車両情報だけを変える手続きを行えばOKです。

そのことを「車両変更」と言います。

車両変更の手続きの流れとしては

  1. 買い替える車の納車日を決める
  2. 新しい車検証を用意する
  3. 保険会社か代理店に、車を買い替えることを伝える

という流れになっています。

次に乗る車が決まってから、任意保険の手続きをすることになります。

車が納車される前でも変更手続きの予約という形で進められるので、納車日が決まり車検証を用意できた時点で連絡するとスムーズに手続きができます。

・任意保険の等級は引き継げるのか?

車を乗り換える場合であれば任意保険の等級は引き継ぐことができます。

新しい車に変えた場合でも、保険会社を変えた場合でも、等級は引き継ぐことができます。

今までに上がった等級無駄になることはないので安心してください。

ただ満期日の翌日から7日以内に手続きをしないと等級がやり直しになってしまいます。

保険の満期日と車の買い替えのタイミングが重なる場合には注意しましょう。

ちなみに等級が下がって割増しになった等級を元に戻すこともできないので注意が必要です。

仮に保険を解約しても、13か月間は割増し等級の履歴が残ってしまいます。

他社に乗り換えるときに嘘の申告をすると正しい見積もりが取れないので注意しましょう。

車の買い替えのタイミングで保険を見直すと安くなることもあるので、一度見積もりをとってみることをおすすめします。

とりあえず保険料を比較するならこちら

2.車を売却するときに中断証明書を発行したほうがいい条件とは?

車を乗り換えない場合には最適な任意保険の手続き方法が以下のようになっています。

  • 車を売却して10年以上車に乗らない場合は「解約手続き」
  • 車を売却して10年以内に車に乗る可能性がある場合は「中断手続き」

解約手続きを行うと等級を引き継ぐことができません。

上がった等級を引き継ぎたいのであれば、中断手続きを行う必要があります。

中断手続きを行うことで、最大10年間は等級を維持することができます。

 

例えば、少なくとも5年間車に乗らない場合に任意保険を解約すると思います。

その時、等級が10等級の場合、解約してしまうと、再度任意保険の契約を結ぶときには6等級からになります。

しかし中断手続きを行っていれば、5年間任意保険の契約を結んでいなくても再び10等級で契約することができます。

 

高い等級が維持できることで保険料を安くすることができるので、将来的に再び車に乗る可能性がある場合には、中断手続きをすることをお勧めします。

3.任意保険の中断証明書が発行できる条件とは?

中断証明書の手続きを行うにはいくつかの条件をクリアしている状態で保険会社に連絡する必要があります。

中断証明書の発行条件

  • 任意保険の等級が7等級以上
  • 中断日より前に乗れないようにしておく(車の売却や譲渡、廃車などを済ませておく)
  • 保険解約か満期日から13か月以内に請求する

任意保険の等級は最初は6級となるので、それ以上の等級でないと中断証明書を発行する意味がありません。

等級が低い場合には、リセットしてしまったほうが保険料がお得になりますからね。

また万が一中断後に事故が起こっても問題なので、中断ができるのは車を乗れないようにしておく必要があります。

中断証明書は車を売却した後に、手続きを行うことになります。

売却してから13か月以内なら中断証明書を発行することができますが、あまりに遅いと手続きをするのを忘れてしまう可能性があります。

なので、早めに任意保険の中断手続きをすることをお勧めします。

4.任意保険の中断証明書の手続き方法は?必要書類とは?

任意保険の中断証明書を発行したいのであれば、契約している保険会社に連絡をしてください。

その時に手続きの流れや必要な書類を紹介してくれます。

 

基本的にはこの3つの書類があれば手続きは可能です。

中断証明書の発行に必要な書類

  • 中断証明書発行依頼書
  • 中断前の保険証券の写し
  • 売買契約書や廃車の証明書

必要な書類は厳密には保険会社によって必要な種類が異なります。

なので正確な必要書類は保険会社に確認の上用意してください。

 

中断証明書発行依頼書は保険会社か代理店に連絡すれば、自宅に送ってもらうことができます。

その依頼書に必要事項を書いて、中断前の車検証券の写しや売買契約書などの書類と一緒に返送すれば手続きは完了します。

ちなみに3番目の書類については、車を手放したことが分かる書類が用意できればなんでもOKです。

知人に譲ったという場合には、譲渡前後の車検証を用意すればOKでしょう。

 

この手続きを完了すれば中断証明書が発行されて自宅に届きます。

中断を再開するのはいつでもできますが、中断証明書が必要になるのでなくさないように保管しておきましょう。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-車売却について

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.