車の購入

車購入時のローンの頭金はいくら払うべき?いつ払えばいいの?

車 購入 頭金

  • 車を購入するとき自動車ローンの頭金はいつ払えばいい?
  • 頭金なしで車を購入することはできる?
  • 車を購入するときの頭金の目安はいくらくらい?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車購入時の頭金について詳しく説明していきます。

1.頭金を払って車を購入するメリット

・カーローンの審査が通りやすくなる

頭金を支払うことで、ローンで借りるお金が小さくなります。

ローンでお金を借りるときには少額の方が審査が通りやすくなります。

収入や勤務先などの条件が弱い場合には、頭金を多めに支払ったほうがいいです。

・月々の支払額を抑えられる

頭金を払うことで、同じ返済期間の場合、毎月の支払額が抑えられます。

毎月家賃や生活費にプラスして、ローンを払っていくことになります。

毎月の負担が少ないと、家計がだいぶ助かると思います。

・利息を減らすことができる

ローンを組むときの金利は、借りたお金にかかります。

頭金を払って借りる金額が小さくなれば、それだけ発生する利息が減ります。

例えば、金利が5%の場合、簡単に計算すると

  • 100万円借りると年間の利息は5万円
  • 200万円借りると年間の利息は10万円

途中で繰り上げ返済するくらいなら、最初に頭金を払ってしまうのが、一番お得です。

2.頭金なしで車を購入するデメリット

車を購入するとき自動車ローンを組むときには、必ずしも頭金を用意する必要はありません。

頭金なしでも車を購入することはできますが、それには以下のようなデメリットがあるので注意してください。

・カーローンの審査に通りにくくなる

自動車ローンを組むときの審査では、借りる金額も審査に影響します。

金額が高くなればなるほど、審査は厳しくなります。

逆にローンの金額が安くなればなるほど、審査は通りやすくなります。

そのため頭金なしでカーローンで車を購入すると、少し審査が通りにくくなるので注意してください。

もちろんローンを組むときの審査では借入金額だけでなく、年収・勤務先・勤続年数・職業などいろいろな情報を見られます。

属性的に厳しい時には、多少多めに頭金を用意したほうが審査が通りやすくなりますよ。

・利息の支払い金額が増える

頭金なしで車を購入すると、カーローンで借りるお金が増えます。

借金額が多くなれば、利息の金額も大きくなります。

最初にまとめて出費をする必要はなくなりますが、その分トータルで支払う金額が増えるということは覚えておいてください。

・毎月の支払金額が増える

借入金額が増えると、ローンを完済させるために毎月の支払金額も増えることになります。

きちんと毎月の収入から無理なく支払うことができるのか?というのをきちんと考える必要があります。

2.車購入時の頭金の金額の目安はいくら?

車を購入するとき自動車ローンを組んで購入する人も多いと思います。

その時には頭金を用意するのが一般的です。

頭金の金額の目安としては、車購入価格の2~3割程度が相場になります。

 

例えば、200万円の新車を購入する場合には、40万円~60万円を頭金として支払うことになります。

残りの140万円~160万円については自動車ローンを組んで支払うことになります。

新車の金額によって頭金の金額は変わりますが、新車自体の相場は200万円前後となるので、頭金の相場は50万円前後となります。

・新車と中古車で頭金の金額の目安は変わるのか?

新車と違って中古車を購入する場合、新車よりも安い値段で車を購入することができます。

そのため自動車ローンを組まずに購入する人もいますが、それなりの金額になる場合には、自動車ローンを組んで中古車を購入することになります。

中古車を購入する場合でも、基本的に車購入金額の2~3割が相場となっています。

中古車を購入するときには、頭金の金額も安くなることが多いです。

3.実際に車を購入するとき頭金はいくら支払うべきか?

車を購入するとき頭金を多く払えば、その後の毎月の返済が楽になります。

しかし頭金を支払い過ぎても、貯金がなくなってしまうので、万が一の出費があるときに対応することができません。

結局のところ、貯金と相談しながら無理なく返済できるカーローンの返済計画を立てることが大切です。

 

例えば、車の購入代金200万円で金利5%の自動車ローンを組んだ場合

3年払い(36回払い)でローンを組んだ場合

毎月の支払金額:6万円
総支払金額:215万円

5年払い(60回払い)でローンを組んだ場合

毎月の支払金額:3万7000円
総支払金額:226万円

 

このように実際にシミュレーションをしてみて、無理なく支払える金額なのかをチェックすることをお勧めします。

次に購入する車の代金がおおよそでも決まっている場合には、こちらのシミュレーションを使ってください。

 

ちなみに頭金を支払うことで毎月の支払金額と総支払金額の2つを減らすことができます。

無理なく支払える金額になるように頭金を支払うことが大切です。

4.車を購入するとき頭金はいつ支払えばいいのか?

車を購入するときどのタイミングで頭金を支払わなければいけないのかって結構気になりますよね。

それなりの金額なのですぐに用意しろと言われても準備できない場合もあります。

車購入の契約を結んだあと納車されるまでの間に頭金を入金するように指示してくることが多いです。

 

ただ細かい期日はディーラーや販売店ごとに変わってきます。

たいていの場合は、

  • 車の売買契約後に支払い(契約から1週間以内)
  • 車の納車日に支払い

に分かれます。

契約後の税金関係の支払いで使うために1週間以内に頭金を入金してほしいという場合もあります。

2~3か月先の納車でその前までであればいつでもいいという場合もあります。

契約を結んですぐに支払わなければいけないというわけではないので、お金を用意する時間は十分にあるかと思います。

いつ頭金を支払わなければいけないのかは、車を購入するときにディーラーや販売店に確認しておきましょう。

5.手元にお金がなくても頭金を用意する方法を紹介!

車の購入費用を抑えるため方法として今の車を高く売るという方法があります。

今の車を高く売ることができればそれを頭金にしてその分安く新しい車に買い替えることができます。

ただ車の売却代金は車を引き渡した後に入金されることが多いです。

少し早めに車を売却してしまって、その間は代車を借りることで頭金を用意することができます。

今まとまったお金がないという場合でも車を売却することで頭金を用意することができます。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-車の購入

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.