自動車保険

無免許運転で交通事故を起こしたとき自動車保険で補償されるのか?

  • 無免許運転で交通事故を起こしたとき自動車保険で補償は下りる?
  • 無免許で交通事故を起こしたとき自動車保険は免責になる?
  • 被保険者や契約者が無免許でも自動車保険に加入することができるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険と無免許について詳しく説明していきます。

1.無免許運転で交通事故を起こしたとき自動車保険で補償されるのか?

無免許運転とは、免許を取得せずに自動車を運転した場合や免許の期限が切れた状態で自動車を運転した場合に当てはまります。

免許を取得したが車を運転するときに所持していない場合は、免許不携帯となり、無免許運転にはなりません。

無免許運転は違法行為であることは分かると思いますが、無免許運転で交通事故を起こした場合、自動車保険で補償されるのでしょうか?

結論を言いますと、相手方への補償はありますが、自分への補償はありません。

 

例えば、対人賠償保険や対物賠償保険などの相手方への補償の場合は、無免許運転でも補償されます。

自動車保険には被害者救済という側面があります。

無免許運転をする人が悪いからといって被害者に保険金が支払われないというのは、被害者がかわいそうです。

そのため無免許運転でも相手方に補償はされます。

 

しかし、人身賠償保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険など運転者への補償では保険金をもらうことができません。

無免許運転自体が違法なわけですから、違法行為をした人に対して保険会社が保険金を支払うことはありません。

仮に事故によって大けがをしたとしても、自分の保険会社から保険金をもらえないので注意してください。

・同乗者についても保険金が支払われない場合も

無免許運転で交通事故を起こした場合、同乗者がケガをする場合もあると思います。

その場合、人身賠償保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険に加入していれば、同乗者は補償の対象となります。

しかし、同乗者が運転手は無免許であることを知っていた場合には、同乗者にも過失があると判断されます。

そのためケガの治療に対しての保険金が減額されたり、保険金がもらえなかったりすることもあります。

もし運転手が無免許であることを知っている場合には、その車には乗らないようにしましょう。

2.無免許でも自動車保険に加入することはできるのか?

無免許の場合、自動車保険への加入は断られることが多いです。

基本的に被保険者や契約者の過去の事故情報をもとに保険料は決まってきます。

例えば、

  • 長年無事故ならば等級が上がり保険料が安くなる
  • ゴールド免許だと保険料が安くなる

などどういった状況なのかによって保険料が決まってきます。

 

無免許の場合自分では車を運転することができないわけですから、他人に車を運転させることになります。

車を主に運転する人の事故情報などが分からないと、保険料に食い違いが出ることになります。

中には契約者が無免許でも自動車保険に入れる場合がありますが、保険料は高めになります。

 

無免許で自分の代わりに車を運転してもらうという場合には、主に車を運転する人に自動車保険に加入してもらうようにしましょう。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-自動車保険

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.