中古車について

中古車を県外や遠方から購入時の流れ!手続き方法や費用は?

気に入った中古車が近場の販売店にあればいいですが、県外や遠方にある場合がありますよね。

県外や遠方となるとそう気軽にやり取りができるわけではないので、ミスなく購入手続きを進めたいですよね。

そこでこの記事では県外や遠方にある中古車の購入について詳しく説明していきます。

1.中古車を県外や遠方から購入から納車までの基本的な流れは?

step
1
在庫の確認・見積もり

県外などで中古車を探す場合は、まずネットで調べて買いたい車があった場合には、在庫の確認を行いましょう。

ネットに載っている情報が古く買おうと思ってもすでに売れてしまっている可能性があります。

中古車は一品ものなので、誰かに買われたら二度と手に入れることはできません。

在庫確認をしてまた車がある場合には、総額でいくらになるか見積もりをとってください。

その時には、住所などを伝えて陸送費用を含んでいくらなのかを聞いてください。

ネットなどにはおおよその値段が書かれていますが、トータルでの値段が違う場合があるので確認することが大切です。

気に入った車が複数あった場合には、直接聞いて教えてもらった見積もり金額で比較するようにしてください。

そうすることでいざ買おうとしたときに値段のトラブルが少なくなります。

step
2
車の状態チェック

次は車の状態チェックです。

県外や遠方にある車の場合は、直接見ることが難しいです。

そこで電話やメールなどをしてより詳細な車の情報を聞くことをおすすめします。

このときできればネットの販売ページ上に置いていない画像を送ってもらうことをお勧めします。

販売ページにある車の画像は売るために傷のついているところや汚いところを隠している可能性があります。

なので、こちらが指定する場所の画像を送ってもらうことで、隠ぺいを防ぐことができます。

こちらの要望に応えてくれる販売店は信頼できるお店でもあるので、安心して購入ができます。

逆に画像を送ってくれない、返事が遅いなど不信感が募る販売店での購入は控えたほうがいいです。

step
3
契約

車の状態をチェックして、問題がなければ契約となります。

契約を行う場合には、書類一式(売買契約書、委任状など)を郵送してくれるので、その書類の中身をよく読みましょう。

書類にサインをして、必要書類を揃えて返送すれば契約完了です。

あとは指定された支払い方法で購入代金を支払います。

step
4
納車

契約が完了したら納車について話し合いを行います。

陸送してもらうなら納車日の決定、自分で取りにくいなら何日に取りに行くのかなどを決めてください。

そのスケジュールに従って納車を行います。

・納車まで何日ぐらいかかるのか?

通常であれば2週間くらいで納車されることになります。

日数には書類を郵送するための期間が数日かかることもあるので、納車されるまではその分の日にちも計算しなければいけません。

車買い替えの期限が迫っているなら、余裕を持ったスケジュールで購入することをおすすめします、

2.県外や遠方の中古車を買う場合の必要書類は?通常と違うものはある?

県外や遠方で中古車を購入する時でも必要書類は変わりません。

こちらで用意しなければいけないのは以下の書類となっています。

普通自動車の購入に必要な書類

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書

軽自動車の購入に必要な書類

  • 印鑑(認印可)
  • 住民票
  • 車庫証明書(地域によっては不要)

詳しい取得の方法などはこちらの記事で解説しています。

no image
車の購入に必要な書類とは?手続きの流れや期間など

車の購入に必要な書類は何なのか? 車の購入に必要なものの取得の仕方とは? 車の購入手続きは代行できる? など気になることがあると思います。 そこでこの記事では車の購入手続きについて詳しく説明していきま ...

続きを見る

手続きは遠方でもほとんど同じですが、一点だけ違うことがあります。

それが他県の中古車であるので、購入後ナンバーを変更しなければいけません。

ナンバーの変更方法についてはこちらの記事で解説しています。

no image
車のナンバーを変えたい!変更手続きの方法や注意点など

車を購入する際にナンバープレートの番号は決められてきますよね。 あるいは希望ナンバーでナンバーを取得した方もいるかもしれませんね。 そのナンバーをふとした時に変えたいと思ったことはありませんか。 ある ...

続きを見る

3.県外や遠方の中古車を取り寄せる場合の費用の内訳は?相場はどれくらい?

遠方から中古車を取り寄せる場合には陸送費というものかかり、レッカー車などで住民票がある都道府県へ持ち込み車両登録する必要があります。

その際の陸送費ですが距離によって費用が異なるので、遠ければ遠いほど高くなると考えておくことが大事です。

 

近距離や隣県などであれば費用の相場は、2万円から2万5千円ほどになります。

中距離では幅が大きいですが、3万から5万円くらいを見ておくことが大切です。

1000キロ以上の長距離の場合にはさらに金額が多くなるので、購入する際にはどこで販売されているのか注意が必要です。

隣県といっても都道府県によっては距離が大きくなったりするので、その点もしっかりと把握しておくことが大事になります。

4.県外や遠方の中古車を購入後乗って帰ることはできる?

県外の中古車であっても乗って帰ることができます。

ナンバーが付いている中古車なら何も問題もないのですが、ナンバーが付いていない中古車の場合は仮ナンバーを申請する必要があります。

陸送代を安くできるメリットがありますが、その分の手間がかかることになります。

申請する際には販売店がある市区町村の役所などで手続きを行い、交付されたナンバーを付ければ乗って帰ることが可能です。

その後最寄りの陸運局で正式な名義変更手続きをして、郵送で仮ナンバーを返却します。

 

ここで注意点があり返却しない場合には、2000円くらいの弁償金がかかるためしっかりと返却することが重要です。

申請する際には必要書類もあるので、それを忘れてはいけません。

乗って帰ることを決めたら必要な書類を事前に用意して、忘れないようにしましょう。

5.ネットで県外や遠方の中古車を買う場合の注意点は?

ネットなどで見つけたものは、実物を目視したわけではないので状態がよくわかりません。

写真などが載っていますが、業者によっては傷が見えづらいようにしていることもあります。

そのため信用できる業者を見つけることが重要であり、業者側としては言いたくないことをあえて伝えてくれる担当者がいるところがベストです。

そういったところであれば信用することができ、可能であればさらに細かい部分の写真も送ってもらえるとより良いです。

できるのであれば実際に販売店まで行って見ることが重要で、それができないのであれば十分に注意して購入することが大切になります。

中古車といっても安い買い物ではないので、しっかりと見極めることが重要です。

 

遠方にある車に手を出す前に、素人では探せない非公開車両を含めて安くて質の高い中古車を探してみませんか?

どんな車があるか調べるならこちらから

 

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-中古車について

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.