中古車について

新古車(未使用車)のメリット・デメリットを徹底解説!

  • 中古車と新古車(未使用車)の違いは何なのか?
  • 新車と中古車と新古車(未使用車)購入するならどれがおすすめ?
  • 新古車(未使用車)のメリット・デメリットとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車と新古車(未使用車)について詳しく説明していきます。

1.新古車(未使用車)は中古車と違うのか?どんな特徴があるの?

中古車というのは、その名の通り他の人が一度使った車のことを指します。

誰かが使った車を下取りや買取によって手放して、中古車販売店で売られているのが中古車です。

ただ厳密な定義の話をすると、ナンバーがついた時点で、その車は中古車に分類されることになります。

ナンバーがついておらず、まっさらな状態だと新車と言えるのですが、一度でもナンバーをつけてしまうとその車は中古車となってしまいます。

つまり、仮に全く使われていない車であったとしても中古車となるわけです。

でも、中古車というとすでに誰かが使った車というイメージがありますよね。

そこで販売店はナンバーを付けただけの車のことを新古車(未使用車)と呼ぶようにしているんです。

ナンバーを付けただけなので、新古車の状態は新車とほぼ変わりません。

厳密な分類で言うと、新古車も中古車の一種になりますが、使われていない中古車のことを新古車(未使用車)と呼ぶと思ってください。

新古車や未使用車のことは正確には「登録(届出)済未使用車」と呼びます。新古車や未使用車と名前が付いていると新車と勘違いする人がいるため最近ではこのような呼び名になっています。この記事では分かりやすく解説するために新古車や未使用車としています。

・どうして新古車(未使用車)が生まれるのか?

全く使われていない状態の車であれば、新車とほぼ変わりません。

それなのにどうして新車として販売するのではなく、未使用車として販売するのか疑問に思うと思います。

未使用車が生まれる経緯としては、ディーラーのノルマが大きく関係してきます。

ディーラーではノルマの目標が立てられており、目標を達成すると評価がアップ、奨励金をもらえるなどの恩恵があります。

ノルマ目標を達成できそうにない場合、ディーラーでは自社で新車の登録を行い、名目上でノルマ達成したことにするのです。

その車は展示用の車として使われることが多いです。

新車と比べれば未使用車の販売価格は安くなるので、ディーラーが損するように思うかもしれません。

しかし、ノルマ達成による奨励金をもらうことで、値段差を補填できます。

それにディーラーとしては「ノルマ目標達成」という評価をもらえるだけでも、十分魅力的なんです。

このような経緯から未使用車が生まれるようになっています。

2.新古車(未使用車)のメリットとは?

・大幅値引きされている

新古車は車の状態としては、新車とほぼ変わりません。

誰かが使っているわけではないので、状態は新車と同じと言っても過言ではありません。

そんな良質な状態の車が新車の販売価格と比べると10~20万円ほど値引きされていることが多いです。

通常よりもお得に新車のような車を手に入れることができるのが、新古車の大きなメリットになります。

・新車のようにきれいな状態

新古車は他のオーナーがいたわけではなく、展示スペースのちょっとした移動ぐらいしかしていない車も多いです。

また名義登録はされているもののすぐに売却するつもりがあるので、車のシートにはビニールが付いているなんてこともあります。

それくらい内装・外装共にきれいな状態に保たれていることが多いです。

ほぼ新車同様にきれいな状態なので、状態のいい中古車を探している人にはうってつけです。

・すぐに納車される

新車を購入すると、納車まで1~2か月かかることもあります。

人気の車種の場合には半年近く待たされることもありますよね。

新古車であれば、すでに車が出来上がっているので、そこから簡単な整備・メンテナンスを行って納車することになります。

そのため書類などが用意できれば、1週間程度で車を納車してもらうことも可能です。

すぐに車を手に入れたいときにはお勧めです。

・すでに税金・保険は払われている

新車を購入した場合には「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険」を必ず支払わなければいけません。

しかし、新古車の場合には、これらの税金や保険の支払いはすでに行われています。

新車を購入した時のように期間がMAXではありませんが、大体新古車は登録してから2~3か月以内に売却してしまうので、ほぼ残っている状態で車を手に入れることができます。

3.新古車(未使用車)のデメリットとは?

・色やオプションを選ぶことができない

中古車として考えれば、色やオプションを選ぶことができないのは当然のことです。

しかし、新車を安く買うというイメージを持っていると、色やオプションを選べないというのは、デメリットになります。

新車のいいところとしては、自分好みの色やオプションを自由に選ぶことができる点がありますからね。

後付けできるディーラーオプションであれば、付けることは可能ですが、メーカーオプションは付けることができません。

その点は納得した上で車を購入する必要があります。

・新古車の数が少ないので購入できない可能性が高い

上の方でも説明したように、新古車というのはあくまでノルマが達成できそうにない時に使われる手段です。

新古車の数はそれほど多く生まれません。

特に人気車種の場合は、そもそも新古車として販売されない可能性が高いです。

なので、そもそもとして新古車が手に入るかどうかというのは運任せなところがあります。

さらに未使用車があったとしても、自分の希望する車種やボディーカラーの車があるとは限りません。

なかなか都合よく手に入らないのが、未使用車の大きなデメリットになります。

4.購入するなら新車・新古車(未使用車)・中古車のどれがいい?

新車と新古車と中古車にはそれぞれ特徴があります。

それぞれの車の特徴を簡単に説明します。

  • 新車・・・値段は高いがきれいで安心感がある。またカスタマイズの自由度は高い
  • 新古車・・・新車と同様にきれいで安心感はあるし、新車と比べれば値段は安くなっているが。しかし、それでも値段は高い方。また在庫が少なく選択肢が少ない。
  • 中古車・・・値段は安いが古くなっている。中古車の数は多いので掘り出し物を見つけられる可能性もある

こういった特徴から考えるにそれぞれの車は以下のような人におすすめです。

  • 自由なカスタマイズをしてきれいな車が欲しいなら新車
  • 新車のようなきれいな車を少しでも安く手に入れたいなら新古車
  • 値段が安い車が欲しいなら中古車

新車を購入するにしても、新古車を購入するにしても、中古車を購入するにしても、どういった車が欲しいのかを明確にしてから車を探すことをお勧めします。

5.新古車(未使用車)を誰でも簡単に見つける方法を大公開!

新古車を探すときには、中古車販売サイトの

グーネット

を使うのがおすすめです。

全国にある新古車を探すことができるので、自分の希望する新古車を見つけられる可能性が高いです。

ただ新古車を探すときにはポイントがあります。

グーネット

の検索ボックスに「新古車」ではなく「未使用車」と入力してください。

新古車の正式名称は「登録済未使用車or届出済未使用車」なので未使用車と入力するのが一番多く検索にヒットします。

・良質な中古車を探しているなら

新古車を購入するなら中古車販売サイトを使うのがいいのですが、良質な中古車を探している場合にはもっとおすすめのサイトがあります。

それがズバット車販売です。

ズバット車販売なら一般には情報が公開されていない未公開車両の中からあなたの希望する中古車を探すことができます。

良質な中古車は一般公開される前に売れてしまうのが現状です。

なので、良質な中古車を手に入れたい場合にはこちらのサービスを使うことをおすすめします。

どんな車があるか調べるならこちらから

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-中古車について

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.